漢字が苦手でも取り組みやすい

  書かずに唱えて覚える学習法です

 

 

 

 

 

「部品の組み合わせ方」

「漢字のタイトル」を唱えて

漢字を簡単に覚えましょう

から漢字は「書いて覚える」「繰り返し書くことで手が覚える」というのが定番の学習法です。しかし、本当にそうでしょうか? 高学年になる頃には多くの子どもが漢字学習を大嫌いになっています。なぜでしょうか? 漢字を手で書くことはとても難しいことです。簡単なことではありません。初めて漢字を学ぶ外国人の多くも苦労します。文字を読み書きする能力は人によって違いがあり、すべての人が読み書きをスムーズに習得できるわけではありません。

 

子どもにとって漢字学習はすべての学習の基礎となるものです。覚えられないからといって簡単にあきらめるわけにはいきません。しかし漢字を書いて覚えられる子はほんの一握りです。ほとんどの子どもは苦労しながら書いて覚えています。さらに発達障害など読み書きが苦手な様々な特徴・個性を持つ子どもたちはさらに苦しんでいます。それ以外の要因でも漢字につまずいて、学習をあきらめぎみの子どもたちも悩んでいます。それを「努力が足りないからだ」と叱咤激励、無理やり取り組ませていませんか?

 

漢字を無理やり書かせなくても、漢字の読み書きを覚えられる方法はあります。そのベースとなるのが漢字を部品の組み合わせで覚える「ミチムラ式漢字学習法」です。漢字を書いて覚えるのが苦手な子どもはもちろん、すべての子どもにとって取り組みやすく、時間と労力を節約できます。難易度が上がる高学年の漢字を覚える負担がとても軽くなる特徴があり、発展的な語彙学習に取り組む余裕がうまれます。

書かせない

漢字の教え方

漢字の読み書きを楽しく習得する

教師の知恵と工夫が詰まっています

動画を見る

ミチムラ式の特徴

小中9年間で学ぶ常用漢字(2,136字)すべてを調べ尽くし、部品の組み合わせで漢字を簡単に覚えて、音読み(漢語・熟語)に強くなるための根拠と合理性に基づいた学習法です。

さらに詳しく

ミチムラ式漢字カード

2018年にリニューアル
  • ミチムラ式漢字学習法のエッセンスを詰め込んだ、漢字学習が嫌いな子どもでも取り組みやすい漢字カードです。おもて面に部品の組み合わせ方、うら面に音読み熟語とセットになった読み方を表記しています。
コミュニケーションツール
  • 漢字は個人の学習と思われがちです。しかし、コミュニケーションを図りながら盛り上がって学習すると記憶への定着も上がります。カードの言い当てっこなど、友達同士や家庭で学習をゲーム感覚で進めらるのがカード形式のよいところです。
義務教育9年間を見通した学習
  • 小学校編だけでなく、中学校編のカードも用意しています。すべての常用漢字を同じ方法で学習でき、学年が上がるにつれてラクに学習できます。また、漢字は先取り学習ができる分野です。子供のやる気や興味に応じて学習を進められます。
平成32年度移行措置対応
  • 平成32年度(2020年)に学年配当漢字が一部変更になります。30年から4年生、31年から5・6年生で移行措置が始まりますが、ミチムラ式漢字カードは移行措置に対応しており安心してお使いいただけます。

関連情報

Youtubeチャンネルやセミナー・研修会の情報です。

 

© 2018 - ALL RIGHTS RESERVED - Kanji Cloud Co.,Ltd.

 漢字が苦手でも取り組みやすい

 書かずに唱えて覚える学習法です

 

 

 

 

 

 

カードの「部品の組み合わせ方」

「漢字のタイトルを唱えると

 漢字がとても簡単になります

 漢字が苦手でも取り組みやすい

 書かずに唱えて覚える学習法です

 

 

 

 

カードの「部品の組み合わせ方」

「漢字のタイトル」を唱えると

 漢字がとても簡単になります