漢字が苦手でも取り組みやすい

 書かずに唱えて覚える学習法

 

 

 

部品の組み合わせ漢字のタイトルを唱えて

「漢字が苦手」を克服しよう!

から漢字の勉強といえば「書いて覚える」「繰り返し書いて手で覚える」が定番です。しかし、本当にそうでしょうか? 高学年になる頃には多くの子どもが漢字の学習を大嫌いになっています。なぜでしょうか? それは、何度も漢字を書いて覚える勉強が単調でつまらないからです。私たち大人が同じ作業をさせられたら、きっと投げ出すような苦行とも言える勉強法です。漢字を覚える方法はひとつだけではありません。現在の漢字学習に困っている方々へ、書かなくても覚えられる方法がある、さらに漢字の本質に触れながら楽しく取り組める方法がある、ということを知っていただきたいです。

 

子どもにとって漢字学習はすべての学習の基礎。覚えられない、苦手だからといって簡単にあきらめるわけにはいきません。しかし、発達障害などの読み書きが苦手な特徴・個性を持つ子どもたちは、従来の書いて覚える学習にとても苦しんでいます。発達障害と診断されていなくても、様々な要因で漢字につまずき、学習をあきらめぎみの子どもたちも悩んでいます。それを「努力が足りないからだ」と叱咤激励、書かせる漢字学習に無理やり取り組ませていませんか?

 

ここで紹介するミチムラ式漢字学習法は、部品の組み合わせを唱えて漢字を覚える勉強法です。何度も繰り返し書いて覚えようとする必要はありません。この学習法は、書いて覚えるのが苦手な子どもはもちろん、すべての子どもにとって取り組みやすく、書いて覚えるより時間と労力を大幅に短縮できるので、とても効率的に漢字を覚えられます。さらに、難易度が上がる高学年の漢字を覚える負担がとても軽くなる特徴があるので、漢字学習の本来の目標である漢字を「読めて使える、語彙を増やす」学習に取り組めます。これまでの常識を捨てて、新しいスタイルの漢字学習にチャレンジしてみませんか。

効率的に省エネで

漢字を学習しよう

漢字の読み書きを楽しく習得する

教師の知恵と工夫が詰まった勉強法

ミチムラ式の特徴

部品の組み合わせで漢字の書きを簡単にマスターして、さらに音読みを習得できるように小中学校の9年間で学ぶすべての常用漢字(2,136字)を調べ尽くした根拠と合理性に基づいて作成している教材です。

 

ミチムラ式漢字カード

2018年にリニューアル
  • ミチムラ式漢字学習法のエッセンスを詰め込んだ、漢字学習が嫌いな子どもでも取り組みやすい漢字カードです。おもて面に部品の組み合わせ方、うら面に音読み熟語とセットになった読み方を表記しています。
コミュニケーションツール
  • 漢字は個人の学習と思われがちです。しかし、コミュニケーションを図りながら盛り上がって学習すると記憶への定着も上がります。カードの言い当てっこなど、友達同士や家庭で学習をゲーム感覚で進めらるのがカード形式のよいところです。
義務教育9年間を見通した学習
  • 小学校編だけでなく、中学校編のカードも用意しています。すべての常用漢字を同じ方法で学習でき、学年が上がるにつれてラクに学習できます。また、漢字は先取り学習ができる分野です。子供のやる気や興味に応じて学習を進められます。
2020年度移行措置に対応
  • 2020年(令和2年)に学年配当漢字が一部変更になります。そのための移行措置が2018年から4年生、2019年から5・6年生で始まりますが、ミチムラ式漢字カードは移行措置で増える漢字カードが各学年のシートに含まれています。

関連情報

Youtubeチャンネルやセミナー・研修会の情報です。

 

© 2018 - ALL RIGHTS RESERVED - Kanji Cloud Co.,Ltd.

 漢字が苦手でも取り組みやすい

 書かずに唱えて覚える学習法

 

 

 

部品の組み合わせ方漢字のタイトルを唱えて

「漢字が苦手」を克服しよう!

 漢字が苦手でも取り組みやすい

 書かずに唱えて覚える学習法

 

 部品の組み合わせ方

 漢字のタイトルを唱えて

 「漢字が苦手」を克服しよう!