4年生漢字カード / 4th grade card

4年生以降に学習する漢字のほとんどは部品の組み合わせです。新しく登場する部品は8字しかありません。3年生までに書けるようになった字や部品の組み合わせによる学習法の効果を実感でき、繰り返し書いて覚えようとするよりはるかに簡単に書けるようになります。4年生以降のお子様で漢字学習につまづきが見られる場合は、低学年のカードを使って基本漢字と部品の書き方を復習するのが近道です。また、高学年になると漢字の読みに苦労する子どもが出てきます。カードうら面の漢字のタイトルを唱えてしっかり覚え、漢語(熟語)の壁をクリアしましょう。

 

【4年生の学習ポイント】

❶ ほとんどが既習漢字の部品の組み合わせであり、簡単に書けることを実感させる。

❷ 3年生までに使われた部品が多く登場し、同じ部品をもつ漢字が爆発的に増える。

❸ 似た形の字で混乱しやすくなるので、使ってある部品や組み合わせを正確に言えるようにする。

❹ 同音の漢字が増えるため、区別するための復習が必要になる。漢字がもつ意味に注目し、使い分けられるようにする。

❺ 抽象的な意味をもつ漢字が増える。事物を表していないので、どの場面で使うのかわかりにくい。4年生以降は微妙な使い分けも必要なので、使い方や使う場面を確認する。

❻ 難しい漢字も部品に分解すればすべて書けるようになり、習っていない字も使おうとする意欲をサポートする。

900円(税込990円)

【内容物】

小学4年生漢字202字+部品8字のカード(14シート)

 

【サイズ】

シート A4(210×297mm)/カード 55×66mm

 

【ご注意】

商品はシートの状態でお届けします。購入されたお客様ご自身でカードを切り離し(ミシン目穴あけ加工済み)、カードリング(径30mm推奨)で綴じる、または輪ゴムでまとめるなどしてご利用ください。

 

【対応教科書】

2020年(令和2年)度版 光村図書・東京書籍・教育出版

 

【発行】

2020年3月

© 2018 - ALL RIGHTS RESERVED - Kanji Cloud Co.,Ltd.