総索引集 / Index collection

「こんな資料、見たことない!」と学校の先生たちが驚く1冊です。15年間に渡って調べ尽くしたデータが満載で、指導者なら手元に置いといて損はありません。

新出漢字を学習するときに、音読みと訓読みをセットで覚えることは、語彙力を高めるために大いに役立ちます。とくに音読みをマスターし、同音漢字(カ行・サ行が極端に多い)を区別することが大切。音読みしかない漢字も多いですが、単語の親密度データをもとに作成した最も通じやすい(漢字を特定できる)代表的な音読み熟語を記載しています。

同じ部品を持つ漢字の一覧表では、カタカナや漢数字を含む458個の部品(ミチムラ式の独自部品を含む)別にどの学年のどの漢字に使われているかがひと目でわかるように整理しました。部首で漢字を調べても探せない漢字群が満載です。この総索引集を使うことで、一字一字をバラバラに覚えるのではなく、漢字を芋づる式につなげた漢字学習を展開することができます。

 

【学習のポイント】

❶ 3年生前半までにほとんどの部品が登場する。部品の名前を覚え、書き順通り正確に書けるようになる。

❷ 同音の漢字がさらに増え、訓読みがない字も増えるので、熟語セットのタイトルを唱えてしっかり覚える。

❸ 同音漢字を区別するために、代表的な熟語を知り、すぐに思い出せるようにする。

❹ 生活によく使う200 字を習うので、教科書の熟語以外の音読み熟語を増やして、使える言葉を増やす。

1,600円(税込1,728円)

【仕様】

A4版/全212ページ

 

【内容】

漢字のタイトル(音訓セット)

常用漢字表(五十音順)/ 学年毎漢字(五十音順)/ 音読みに関する情報

同じ部品をもつ漢字

漢字部品一覧 / 部品別漢字表 / カタカナ編部品表 / 数字編部品表 / 部品登場学年と書き順 / 各学年の学習課題と指導ポイント

© 2018 - ALL RIGHTS RESERVED - KANJI CLOUD Co.,Ltd.