漢字っておもしろい!
楽しいよ!!

から「漢字は書いて覚えるもの」「繰り返し書くことで手が覚える」というのが定番です。しかし、本当にそうでしょうか。漢字は意味がある部品で構成されています。基本漢字や部首など、主要な部品のほとんどは小学校低学年で学習します。しかし、4年生以降の高学年で学習する漢字のなかで新しく覚える形はわずか9%です。中学校はたったの2%です。これが何を意味するかわかりますか?

 

低学年に登場する基本漢字と部品を覚えたら、高学年以降の漢字は部品の組み合わせ方を覚えるだけで漢字が書ける。つまり、書いて漢字の形を覚えようとするよはるかに少ない負担・エネルギーで漢字を覚える方法がある、ということです。同じ字を何度も繰り返し書かされる子どもが大嫌いな漢字ドリルの宿題よりはるかに楽しく、そしておもしろくて取り組みやすい、新たなスタイルの漢字学習法を試してみませんか。

 

かんじクラウド株式会社 取締役会長 道村静江

書かずに覚える

新スタイルの

学習法

漢字の読み書きを楽しく習得する

教師の知恵と工夫が詰まってます

ミチムラ式の特徴

部品の組み合わせと音読みをマスターする、ふたつの方法をスッキリまとめた学習法。常用漢字すべてを調べ尽くした根拠と合理性があります。

 

さらに詳しく

ミチムラ式漢字カード

2018年にリニューアル

  • 2011年に発行を始めたミチムラ式漢字カードですが、2度にわたる改良を経て第3版を2018年4月より販売をスタート。カラー刷りとなって、さらに使いやすいツールになりました。

平成32年度移行措置対応

  • 平成32年度(2020年)に学年配当漢字が一部変更になります。30年から4年生、31年から5・6年生が移行措置の対象となりますが、移行措置に対応しているので安心してお使いいただけます。

義務教育9年間を見通した学習

  • すべての常用漢字に部品の組み合わせ学習法が適用できます。また、漢字の読み書きは学習の基礎であると同時に先取り学習ができる分野です。子供のやる気や興味に応じて学習を進めましょう。

コミュニケーションツール

  • 漢字は個人の学習と思われがちです。しかし、友達と漢字のタイトルや部品の組み合わせを言い当てっこしたり、グループ間で競争するなど、盛り上がる学習ツールとしても有効です。

関連情報

ミチムラ式漢字学習法および漢字カードに関する情報です。

 

 

© 2018 - ALL RIGHTS RESERVED - KANJI CLOUD Co.,Ltd.